FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋人までの距離(1995年/米ほか)&ビフォア・サンセット(2004年/米ほか)

次第に冬から春へと衣替えを始めた東京の町並み――。
冬には少なくとも2つ以上の“それ”に相応しいイベントがあったにもかかわらず、その時分には沈黙を守り、
―何をいまさら
と云われそうだけれども、今回は恋愛映画です。

―恋愛映画で何かおすすめのものはない?
と訊かれる時ほど答えに窮することはありません。なぜならば①“恋愛映画”と指定するからにはロマンティックコメディになってはならず、純粋な恋愛モノである必要があり、②複数人で鑑賞する場合を想定してなるべく気まずくなるようなシーン(例えば欧州的な“熱愛”や米国的な“サービス”)は控えたい。そして③一応僕に訊いているのだから安雑誌によく紹介されているようなベタな映画はNGでしょう。
そんなとき、以上3つの条件をクリアしている稀な恋愛映画が「恋人までの距離」とその続編「BEFORE SUNSET」です。

>「恋人までの距離」
ブダペストからパリへ向かうヨーロッパ横断鉄道の車内から物語は始まる。車内に響き渡るような激しい口論を繰り広げるドイツ人夫婦を避けて偶然座った席で出会ったフランス人大学生のセリーヌ(ジュリー・デルピー)とアメリカ人旅行者ジェシー(イーサン・ホーク)。
ふとしたことから会話が始まり意気投合した2人は、ジェシーの「帰国する翌朝までの時間をウィーンの街で一緒に過ごさないか」という一言でウィーンの街で途中下車する。暮れなずむ古都をあてどなく歩き、とりとめなく会話する二人。互いに強く惹かれ合っていくのを感じるが別れの時間が刻一刻と迫ってきていた......

あまりにも奇跡的な出会いも、ウィーンの町並みに溶け込まれていくようで許されてしまいます。
それは悠久の古都ウィーンに流れるゆっくりとした寛容な時間の、束の間の一時――この対比のなかに見事に切なさが演出されているからかもしれません。
そして尽きることのない会話がお洒落です。ひとつひとつの思い出話を語るときには情景が浮かび上がるような温かさが込められ、互いの人生観を語るときには相手へのちょっとした探りを潜ませており、妙にリアルに感じられます。
互いの視線を合わせたいのに合わせられない心理を見事に描いたシーンに代表されるように、若いゆえの切なさを美しく切り取った秀作です。

>「ビフォア・サンセット」
運命的な出会いから9年が経った。忘れられない女性を想って9年前の出来事を小説にしたジェシーはキャンペーンツアーでパリを訪れ、セリーヌに再会を果たす。
アメリカへ帰る飛行機の時間まで、あの時からいまに至るまでの積もる話を歩きながら語り始めた二人は......

「恋人までの距離」からは実際に9年のときが経過しており、お互いの姿も、思想も、言葉もスレてしまい現実的になっています。もしかしたら実際に9年のときを置いてこの2つの映画を鑑賞したひとならば自らの身にも感じるところが多いのかもしれません。
前作の現代は「BEFORE SUNRISE」です。このときの関係が二人の年齢と恋愛への関係を象徴しています。
これに関しては深く語ることは避けたいと思います。ジェシーの最後の台詞のように
―I know...
と云って終わるのが粋というものでしょう。
この9年がかりの美しすぎる確信犯的連弾を心おきなく御堪能いただけたならと思います。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinsendo.blog115.fc2.com/tb.php/49-40d33900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「叫」 (2006年/日本) «  | BLOG TOP |  » 潜水服は蝶の夢を見る (2007年/仏)

プロフィール

晋撰堂

Author:晋撰堂
晋撰堂は京極夏彦の京極堂シリーズにかぶれていた頃に命名。
自分の名前にも由来していますが、文化的娯楽作品から気が向いたものを取り上げてレビューを書いていこうと思います。たまに雑記と称して日々の雑念も放出します。
ただ問題は、ほとんど更新をしないということ。休眠状態を常としている現状ですが、もっと気軽に書けるよう努力してみようかと思ったのも、本日の気の迷いかもしれないです……

コメント、リンク等も何卒御気軽に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。