FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら 西加奈子著(小学館)

これは美しく、尊いものをめぐる物語だ。


東京の大学に通う主人公の“僕”はある年の暮れ、実家に帰ることを決意した。それは“家”から逃げた父親から急に届いた手紙がきっかけだった。

―年末、家に帰ります――おとうさん

スーパーのチラシの裏側に書かれたそのひどく薄くてやや右肩上がりの文字は、“僕”になつかしさを与えるには十分だった。
そして“僕”は回想する――僕等家族のヒーローだった兄が生きていた頃の幸福と、兄が突如として死んだ後の崩壊を・・・・・・


このように書くとひどく暗い物語のように思われるかもしれないが、そのようなことはない。むしろ読み始めてしばらくはとてもほのぼのとした印象に包まれる。それは穏やかな父と美しい母、優しくて“超”がつくほど格好良い兄と美しいがワイルドな妹、それに愛嬌のある犬サクラに囲まれた“僕”のこれ以上ないほどに幸福な日常が描かれているからと考えられる。
しかしそれ以上にその大きな要因となているのは作者のカラフルな色彩感覚を駆使した鮮やかな比喩表現によるところが大きいだろう。
例えば物語の冒頭で読者を引き付ける一文には、広告が次のように表現されている。
「色の褪せたバナナの、陰鬱な黄色。折りたたみ自転車の、なんだか胡散臭いブルー。そして何かの肉の、その嫌らしい赤と、脂肪の濁った白。」
文に従って次々に連想を膨らませていく読者は、飽きることなく、いや、むしろ日常生活が実は意外にファンタジックであったことに驚きつつ読み進めていくことができるだろう。
そしてこの鮮烈な比喩表現は、見事なことにこの本のテーマ自体を比喩するかのような機能さえ有しているのだ。

冒頭に述べたことだが、この物語は、美しく、尊いものをめぐる物語だ。
美しいもの、特にそれが目に見えるものであれば、それが輝けば輝くほどに対極にある醜いものはその影に深く深く飲み込まれていき、同時に心を深く深く傷つけられてしまう。
それは不作為にして仕方のないことだ。しかしその事実に美しくあるものは自覚的でなければならない。
一方、美しいもの、特にそれが不可視のものであれば、それは全てのものに平等に訪れる機会があるはずだ。しかしその美しさが意識しなくなるほどに常態となったならば、次の瞬間、それは崩壊するかもしれない。そして儚くも突き落とされた人の心を傷つけることだろう。
だからこそ、美しいものはよりいっそう尊いものとして認識しなければならない。
人はこの美しいものと醜いもものの狭間を行ったり来たりしている。
そしてその時々で歓喜したり、絶望したりしている。
これはとても自然な営みなのだろう。しかしもし、この運命の揺さぶりに耐え切れなくなることがあれば、この本を手に取り、読み終わったあとで、自分は運命に対し受け手であったのか、それとも投じ手であったのかじっくり考え、視座を定め直すことができるのかもしれない。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinsendo.blog115.fc2.com/tb.php/47-9997bf47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

潜水服は蝶の夢を見る (2007年/仏) «  | BLOG TOP |  » 映画監督・市川崑

プロフィール

晋撰堂

Author:晋撰堂
晋撰堂は京極夏彦の京極堂シリーズにかぶれていた頃に命名。
自分の名前にも由来していますが、文化的娯楽作品から気が向いたものを取り上げてレビューを書いていこうと思います。たまに雑記と称して日々の雑念も放出します。
ただ問題は、ほとんど更新をしないということ。休眠状態を常としている現状ですが、もっと気軽に書けるよう努力してみようかと思ったのも、本日の気の迷いかもしれないです……

コメント、リンク等も何卒御気軽に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。