FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タロットカード殺人事件 (2006年/英)

ロンドンにやって来たアメリカ人大学生のサンドラは、ある日マジック・ショーに出かけた。そこでマジシャンのスプレンディーニことシドニーにマジックの助手に指名され、怪しげな箱に入った。するとその箱の中で、死んだものの大スクープを嗅ぎつけて、なんとかその真相を暴こうと三途の河の途中から舞い戻ってきた元敏腕新聞記者のジョーの亡霊に出会う。そこでいま巷を騒がせている通称“タロットカード殺人事件”の真犯人は美青年貴族のピーターだと云うことを知る。居ても立っても居られなくなったサンドラは、シドニーを巻き込んでピーターへの潜入捜査を始めるのだが......!?

タイトルから勘違いされては困るのだが、これはサスペンス・スリラーではない。ウディ・アレン御得意の喜劇であり、その意味では現代の「SCOOP」の方が的を射ていると云えるかも知れない。

ウディ・アレンファンならばお分かりのことと思うが、アレン映画のテーマのひとつとして、因果応報――つまり悪であれば断罪され、善であれば救済されること――はないと云ったテーゼがある。これは「重罪と軽罪」や「マッチポイント」等のようにそのまま織り込まれていることもあれば、多くの喜劇作品のなかでのアレンのぼやき(例;「なんであんなに頭が悪くて、色んな女のケツばかり追い回しているヤツがモテて、俺は......」)としてちらっと見られることもある。
しかしそれにも関わらず――否、だからこそなのか、因果応報がこの世にあって欲しいとの願いがある。その願いが「マンハッタン殺人ミステリー」では映画に魅せる幻となって殺人鬼を懲らしめた。このアレン自身の作品「マンハッタン~」へのオマージュかとも思われる今回の作品では、その趣の酷似と同様に、その因果応報への願いも結果に表れている。但し、今回は「娘の責任は父親にあり」とばかりの痛烈なギャグをもって、自身の役柄には皮肉な結末が用意されている。

そして注目すべきはアレンが自身の監督作に俳優として復帰していると云う点である。
アレンが出ると云うことは当然いつもどおりのマシンガントークを繰り広げ、観客を疲れ(?)させる。しかし昔と異なるのは、さすがに70歳にもなると云うことで、50歳近く差があるスカーレット・ヨハンソンの恋人役は辞退していることだ。そこで今回は余裕たっぷりにヒロインの父親的な役を演じている。
そしてスカーレット・ヨハンソン。
ダイアン・キートン、ミア・ファローに続くアレンの新たなるミューズに抜擢されたことも頷けるほど、アレンの相手役として見事に漫才を披露している。しかも「仮面をつけずに見事に豚を演じられる」だの「男グセが悪い」だのとスカーレットのリアルなネタを脚本中に忍ばせるアレンの悪戯もサラりとかわして見せる。その上、イギリスを意識したハリポタ眼鏡で、しかも一部客層から絶大な支持を得そうな「セクシー」+「眼鏡」の組み合わせを進んでしてみせるところに相当な強かさを感じる。
そして忘れてはいけないのはヒュー・ジャックマン。狂気を宿すイギリス貴族を周到に演じきっている。その紳士な姿は「ニューヨークの恋人」を思い出させる。しかしプールのシーンを見ると、そのムキムキな逆三角形体型で「あ、やっぱりウルヴァリン(「X-メン」)だ......」と思ってしまう(笑)。


それにしても久しぶりのアレン節、堪能しました。
しかもここ2回は公開中の映画を紹介できたので、独り勝手に満足しています。
できれば「アフター・ウエディング」も鑑賞して、紹介したいところですが、それはどうやら叶わなさそうですので、次回はまた過去作品の紹介に戻りそうです。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinsendo.blog115.fc2.com/tb.php/40-266ca8e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パーマネント・バケーション (1980年/米) «  | BLOG TOP |  » ヴィーナス (2006年/英)

プロフィール

晋撰堂

Author:晋撰堂
晋撰堂は京極夏彦の京極堂シリーズにかぶれていた頃に命名。
自分の名前にも由来していますが、文化的娯楽作品から気が向いたものを取り上げてレビューを書いていこうと思います。たまに雑記と称して日々の雑念も放出します。
ただ問題は、ほとんど更新をしないということ。休眠状態を常としている現状ですが、もっと気軽に書けるよう努力してみようかと思ったのも、本日の気の迷いかもしれないです……

コメント、リンク等も何卒御気軽に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。