FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めがね (2007年/日本)

「かもめ食堂」で云わばヒーリング映画のジャンルを開拓した監督・荻上直子がまたひとつ、そこに帰属するだろう映画を生み出した。主演の小林聡美と、もたいまさこもそのままに「かもめ食堂」のスタッフが再び結集した本作では観客に極上の“たそがれ”空間を演出する。

あくまでも「演出する」と書いたのは、観る人にもある才能が求められるからだ。
そう――ここにいる才能、が。


海の美しい小さな町に飛行機から降り立ったタエコ(小林聡美)は、妙な地図を手に畦道を歩いて素朴な民宿「ハマダ」に到着した。宿の主人・ユージ(光石研)とその愛犬・コージ、不可思議な雰囲気を漂わせる女性・サクラ(もたいまさこ)、自由奔放な女教師ハルナ(市川実日子)らに出会う。しかしタエコは、マイペースな「ハマダ」に集う人々に中々馴染むことができず、遂にもう一軒の宿に移ろうと決心するが......!?

南国を思わせる碧く美しい海と、波に洗われる白い砂浜。
遠く彼方に沈む紅い夕日と、手が届きそうな三日月。
僕を含め、たそがれることを厭わない人々は、風を感じ、大いにたそがれることができる。
いつも騙されないように、間違えないように、慎重に呼吸をし、他と比べ、蔑み、憐れむ目線から避けるように殻を纏う現代人にとって、“たそがれる”能力はいつのまにか忘れ去られているようだが、意外にも誰にでもあるものなのかもしれない。

本作の主人公・タエコもそのような“現代人”のひとりであるに違いない。
「かもめ食堂」と同様に、本作でも登場人物の背景については語られず、映画の奥行き――鑑賞者の想像が許される余地がある。
しかし女教師ハルナだけはどこか違うように見える。終始鋭い視線を投げかけ、タエコにまるで異物に接するかのような態度をとる。そこに“楽園”に馴染んでいるように見えても、まだ“現代人”を感じてしまう。
この人物造形には「ここは決して特別な“楽園”ではない」と云ったメッセージでもあるのだろうか。それとも只の人間の多様性なのか――。
この人物造形に関しては疑問の残るところだ。

本作は些かシンプル化が過ぎているようで、僕は「かもめ食堂」の方が好むところだが、期待には応えていると思う。しかし次回作は、似て非なるものをまた生産するだけでは厳しいものがあるだろう。その辺に注目していきたい。


それにしても、なんとお腹の空く映画なのだろう。
これから鑑賞する方々には、腹ごしらえをしてから劇場に足を運ぶことを御薦する。
でないと、鑑賞中にお腹が鳴ってしまう。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinsendo.blog115.fc2.com/tb.php/29-6fdab894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【シリーズ】なんか変な映画観ちゃった⑤「ロッキー・ホラー・ショー」 (1975年/英) «  | BLOG TOP |  » 【シリーズ】なんか変な映画観ちゃった④「ライフ、アクアティック」 (2005年/米)

プロフィール

晋撰堂

Author:晋撰堂
晋撰堂は京極夏彦の京極堂シリーズにかぶれていた頃に命名。
自分の名前にも由来していますが、文化的娯楽作品から気が向いたものを取り上げてレビューを書いていこうと思います。たまに雑記と称して日々の雑念も放出します。
ただ問題は、ほとんど更新をしないということ。休眠状態を常としている現状ですが、もっと気軽に書けるよう努力してみようかと思ったのも、本日の気の迷いかもしれないです……

コメント、リンク等も何卒御気軽に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。