FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シリーズ】なんか変な映画観ちゃった③ 「ミクロの決死圏」(1966年/米)

当時B級娯楽映画の傑作と云われた本作は、CGが発達した最近に於いても楽しめる――色々な意味で。
CGが発達していなかった当時としては、どれだけ苦心して映像を造っていったかは計り得ないことではあるが、演技している役者達といい、大真面目でやっている分だけ、嗤ってしまう。
何しろストーリーからしてネタなのだから......

さる要人が脳に障害を起し、外科手術では助けられないと判断された。そこでその要人を救うべく、勇敢な大佐以下、優秀な科学チームは特殊潜航艇プロテウスに乗り込み、ミクロサイズに縮小され、その体内に潜入するのだった。果たして彼等は制限時間内で無事手術を施すことができるのだろうか......!!

確かに
―ミクロの世界も、宇宙の如くまたマクロの世界と同様に無限なのである
とする哲学的な真理に則り、SF的な要素を人体の神秘に盛り込んだアイデアは光るものがあろう。
しかし、嗤いを堪えられない......
しかも政府と同様に瀕死の要人だけが知る“ ミクロ化の永続技術”を狙っていた敵対組織はどうしたのやら、と展開にもツッコミどころも満載!

もし観るのならば、
―映画は時代を反映するものだから。
と寛大な心で歓楽して戴きたい。

「トラ・トラ・トラ!」「海底二万哩」等で知られる娯楽映画の巨匠リチャード・フライシャー監督作品。


それにしても、ハリウッドは物好きだ。どうやら本作をリメイクする模様。
監督は「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督の予定。
果たしてどんな作品になるのやら......
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinsendo.blog115.fc2.com/tb.php/27-d048a026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【シリーズ】なんか変な映画観ちゃった④「ライフ、アクアティック」 (2005年/米) «  | BLOG TOP |  » イノセント・ボイス 12歳の戦場 (2004年/メキシコ、アメリカ、プエルトリコ)

プロフィール

晋撰堂

Author:晋撰堂
晋撰堂は京極夏彦の京極堂シリーズにかぶれていた頃に命名。
自分の名前にも由来していますが、文化的娯楽作品から気が向いたものを取り上げてレビューを書いていこうと思います。たまに雑記と称して日々の雑念も放出します。
ただ問題は、ほとんど更新をしないということ。休眠状態を常としている現状ですが、もっと気軽に書けるよう努力してみようかと思ったのも、本日の気の迷いかもしれないです……

コメント、リンク等も何卒御気軽に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。