FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミス・ポター (2007年/米製作)

ピーターラビットを生みだしたビアトリクス・ポターの半生を描いたヒューマン・ドラマ。
1902年の未だヴィクトリア王朝時代であったイギリスが舞台。
封建的な世相で身分ある女性が働き稼ぐことなど考えられなかった時代に、上流階級の女性ポター(レニー・ゼルウィガー)は
自らの夢を追いかけて“ピーターラビットとその仲間たち”の物語を次々と出版する。
そしてふとしたことから担当の編集者となったノーマン(ユアン・マクレガー)と恋に落ちるが、商人との恋に両親は反対する。
しかしその身分違いにもめげず静かに恋の炎を燃やす二人。やがて結ばれる結末へと向かうのかと思われたとき、
思わぬ運命が待ちうけていた......!?監督は『ベイブ』のクリス・ヌーナン。

少し偏った視点で見れば、この話はなかなか結婚できないことをコンプレックスにしつつも日々の仕事に打ち込んでいる女を描いたもの(?)
で主演は「ブリジット・ジョーンズの日記」のレニー・ゼルウィガー......
鑑賞するまでは些か心配だった。後年に自然保護を目的に広大な農地を莫大な資産を費やして買い取り、国に寄付した、どちらかと云えば
毅然として強く、そして少し偏屈な女性といったイメージを持っていたポターを彼女が上手く演じきれるのかを。罷り間違ってキュートな
コメディになってしまわないかを。
しかしそこは案ずることなかれ!老け顔メイクも功を奏してか(笑)結構馴染んでいる。
ただ釈然としないのは物語の描き方が中途半端で観客に特になんの感情も持たせえない。細々とした例の列記はここでは控えさせてもらうが、結局何が主題なのか疑問が残るばかりである。
扇情されるのは多少ドラマティックな人生にのみ注目する中年専業主婦ぐらいなものだろう(失礼)。

全体的に淡い色調に統一された演出は作品世界にあっている。
また主人公にピーターラビットの構想を膨らませたイギリス独特の田園風景が美しく映し出されている。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinsendo.blog115.fc2.com/tb.php/11-cf87cfda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【シリーズ】なんか変な映画観ちゃった① 「1980」 (2003年/日本) «  | BLOG TOP |  » 夏のおわり

プロフィール

晋撰堂

Author:晋撰堂
晋撰堂は京極夏彦の京極堂シリーズにかぶれていた頃に命名。
自分の名前にも由来していますが、文化的娯楽作品から気が向いたものを取り上げてレビューを書いていこうと思います。たまに雑記と称して日々の雑念も放出します。
ただ問題は、ほとんど更新をしないということ。休眠状態を常としている現状ですが、もっと気軽に書けるよう努力してみようかと思ったのも、本日の気の迷いかもしれないです……

コメント、リンク等も何卒御気軽に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。