FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KULA SHAKER

昨今のロックと呼ばれている音楽を聴いて顔をしかめる人は、なにもロックの黄金期に当たる60年代、70年代を生で経験した人ばかりではないだろう。
一度その時代のロックを聴いたならば、ロックに込めた精神と、がむしゃらに磨き上げられた技術と、その結晶として出来上がった音楽のパワーに打ちのめされることは間違いない。
僕は特別そういった音楽の信奉者ではないし、復古主義的な思想背景を持ち合わせているわけではない。しかし現在、世の中に溢れ出ている、音楽と呼ぶことすら憚られる音たちの空虚さと、単調さと、軽薄さを鑑みるに、その差は歴然としている。
ならばその真実のロックだけをひたすら聴いていればよく、現在生み出されている「音楽」は、何の価値もないのか、と問われたならば――否、と答えなければならない。
なぜならば、仮令それが真実のロックであろうとも、古いのだ。
現代の「音楽」には時代を写す魔力があり、時代を牽引する腕力がある。
つまり、古き善き精神を受け継ぎ、時代に適った音を作り上げることができたならば、それが最良なのだ。
そして、過去の幻影に束縛され続けている現代のアーティストが目指すべき、この最終目標に果敢に挑戦しているミュージシャンこそが、kula shakerなのだ。
僕の中では、kula shakerを捉えようとしたとき、調停者という言葉が思い浮かぶ。それはもちろん、ここまで長々と書き綴ってきた「音楽」の在り方についてもそうであるし、kula shakerのアイデンティティともいえるインド思想についてもいえる。すっかり西洋色に染まったこの世界に、東洋の精神を注入し、不安定になっている気を中和しようとしているのではないか、と彼等の意図を想像すると、やはり対立する二項の狭間に仲介するkula shakerの姿が目に浮かぶ。但し、この部分に関しては、想像の枠に止まらざるを得ない。何故ならば、彼等自身が確固たる信念を雄弁に語ったことはないからだ。しかしこのインド思想が、現実逃避のための戯言では決してないことは、この時代の混沌に型を与えんとするかの如き彼等の態度と、その結果、現に「音楽」として実現していることが、証明しているだろう。

ここまで、長々とkula shakerの正統性について述べてきたが、ここで彼等の来歴を付して置きたい。
ロンドンで「the Kays」名義で活動を始めた彼等は、1995年にコロムビア・レコードからデビューする。
名曲「tattva」をリリースした後、セカンド・シングル「Greatful When You're Dead」で一躍全英の注目を集める。そして「Hey Dude」で全英2位、全歌詞をサンスクリット語のマントラで表現された「Govinda」で全英7位を獲得するなど、決してブリット・ポップの枠のはまることのないバンドではあるが、その流れを利用して興行収入面でも成功を収めた。もちろんこれらを収録したアルバム「K」は大ヒットとなった。
しかしレコーディングとPVに莫大な資金を投じ、更にインド思想的なサイケデリズムを深めたセカンド・アルバム「Peasants, Pigs and Astronauts」は不評で、セールス面でも急落。これによる失望と機能不全により、1999年、3年という短い活動期間で、kula shakerは解散、シーンの表舞台から姿を消した。
ところが2005年、いきなりの再結成を発表し、翌年のフジ・ロックフェスティバルに参戦。本国イギリスと同等、もしくはそれ以上のファンが存在する日本での演奏は大盛況だった。
そして2007年初夏、世界に先駆けて日本でサード・アルバム「Strange Folk」を発売。インド色は後退したものの、心にしみるフォーク・ソングが話題となった。

僕の印象を述べるならば、総じてどのアルバムも完成度が高い。「K」が燦然と輝く名盤であることは云うまでもなく、「Peasants, Pigs and Astronauts」も装飾が過ぎるものの、kula shakerというバンドを考えたとき、存在べきアルバムだったと思う。またセールスにだけ注目すると一番芳しくない「Strange Folk」も、アルバム一枚通して聴くならば、最も心地よいものになっていると断言できる。僕自身、最も聴いているアルバムかもしれない。
では、最後にkula shakerの楽曲を数曲紹介することにしたい(このブログのコンセプトから逸脱するため直接動画を貼り付けてはおりません。恐れ入りますが、付記してあるURLからお飛びになって下さい。)
もちろんここに紹介していない曲でも秀逸なものは多くある(特に「Die for Love」は僕のお気に入り)。しかしここまで読んでkula shakerに興味を持った方は以下の順序で鑑賞してみることを強く勧めたい。

★Shower Your Love (「Peasants, Pigs and Astronauts」収録)
一時解散前最後のシングルとなった本曲から紹介するのは如何なものかとも思うが、インド色が然程五月蝿くなく、優しい曲調が入門篇として適しているだろう。
僕自身、大好きな曲。ヴォーカルのクリスピアン・ミルズの口癖「Oh,year!!」と思わず叫びたくなる程に。
http://jp.youtube.com/watch?v=RwKYldVQ8-4

★Hey Dude (「K」収録)
イギリスを代表する言わずと知れたビッグ・バンドにオマージュを捧げた題名ながらアップテンポな曲調は全く別物。最高の疾走感を味わえる。
http://jp.youtube.com/watch?v=LFstthQIWZw&feature=related

★HUSH
「ディープ・パープルの「HUSH」をカヴァーするとは!!」と誰もが驚いたものの、次に頭をよぎるのは「格好良い!」の一言。楽しそうなメンバーの様子からもバンドの勢いを感じさせる。
http://jp.youtube.com/watch?v=wh7r_f_rw0c

★Tattva (「K」収録)
この曲を聴いたとき、このバンドの凄さを理解した。どんなクスリよりも刺激的なトリップを楽しませてくれた後に、ウォッカを飲んだ後にくるようなパンチに見舞われる。
http://jp.youtube.com/watch?v=Rwr1DlkfpUY

★Second Sight (「Strange Folk」収録)
kula shakerが正統なブリティッシュ・ロックの継承者であることを示した一曲。PVも格別の出来。クリスピアンが演じているのはあのお方!?
http://jp.youtube.com/watch?v=PiQ935vNEW8

★Great Dictator (of the Free World)  (「Strange Folk」収録)
最後はコレと決めていた。その理由もkula shakerに共感していただけた方々には分かるはず。最高にハジケてます!!
http://jp.youtube.com/watch?v=RpsAZYIHs7Q
スポンサーサイト

「WHEN I WAS CRUEL」 by Elvis Costello

長い沈黙を打ち破り、久しぶりにこのブログを更新しようと思います。
振り返ってみれば、この数週間は随分と鬱屈したもので、生命力を欠いていました。新たな職に就いて、その最初の給料で買ったものがFOUR ROSES(注;バーボンです。)だった、ということが如実にその深刻さを物語っているようです。
そんな成り行きで、今日はElvis Costelloの「WHEN I WAS CRUEL」を紹介します。

あるアーティストのファンになるか否かについて、そのアーティストの、どのCDを最初に手に取るかが非常に重要な要素になってくる。それは宗教学において真の改宗には重大な心の転機が必要だ、と云われていることに似ている。
もちろんそんな大仰な例を持ち出さずとも、自分の趣味に合ったからもう一枚買ってみたり、期待に添わなかったために興味をなくしてしまったり、といった経験が屹度あることだろう。
僕にとってElvis Costelloの最初の一枚となった本作品は、その意味で、かなり異色である。
本作品を購入したとき、僕はいわゆる普通のROCKやPOPSへの趣向が強く、JAZZなどの音への関心は薄かった。そのため本作品を聴いたときの戸惑いは大きかった。
しかし僕は諦めず、Costelloの初期から本作に至るまでの経過を、順を追って聴いていった。そして再び本作品を聴いてみたときの印象は、全く別のものだった。

凄い......!!!

本作品は、ポピュラーなカントリーに始まり、R&B、ジャズ、クラシックと、それまでに積み重ねてきた音楽が見事に自身の中で成熟され、そして融合されたことを証明している。
一つ一つの曲を個別的に見ていっても、興味をそそられるタイトル、僕好みの皮肉な歌詞、途切れることを知らない一貫した曲展開、知る人ぞ知る豪華な演奏陣がCostelloの原点としてのバンド形式に組み込まれて生み出された深いサウンドアレンジ――その全てが体感できる。そんな入魂の一曲一曲が巧妙に繋げられ、このアルバムはまるで精緻な計算の末に完成されたミステリー小説のように、重厚で魅惑的な印象を醸し出している。もちろん簡単にオチを見つけられることもない。それが何度でも楽しめるCostelloワールドの遊園地的世界観の真髄である。

アルバムはまず音楽への純粋な思い出が語られる「45」から始まる。自らの鼓動と一体になるようなビートが心地よくCostelloワールドへと招待する。
そして一転して雲行きをわからなくさせるような怪しさが光る「spooky girlfriend」へ。
そしてこのアルバムからのシングルカット第一弾となった「tear off your own head」。キーボードの使い方が初期を思い出させるハイテンポなナンバーだ。サディスティックな歌詞も最高だ。
そしてこのアルバムの中で特に気に入っているのが「when i was cruel NO,2」。詩の意味を忘れているような現代音楽に、文学的要素の復活を見出したくなるようなドラマが展開する。そしてその蟲惑的なサウンドに酔いしれる。
この流れはそのまま7曲目の「tart」へと続く。冷酷なほど鋭い刃が歌詞に煌めくこのナンバーは、独特なCostelloの声色に一番合っているかもしれない。
8曲目は「dust2...」。11曲目の「...dust」と対になって、この世の穢れを、この世に巣食う人間を辛辣に切り捨てる。これは10曲目の「alibi」との繋がりを考えると皮肉なものだ。
そしてこのアルバムの中では圧倒的なスピード感を伴う「daddy can i turn this?」は珍しく荒々しさを残しており、危険な後味を引く。
そして皮肉な歌詞と可愛らしいメロディが黒い「my little blue window」「oh well」が最終章を牽引する。
15曲目の「episode of blonde」はラテンなリズムで、自らカラフルに塗りたくったが故に精製された黒い舞台に、真っ赤な幕を引く。もう、格好良すぎる......
因みに日本版にはボーナストラックとしてチャップリンの「モダン・タイムス」で御馴染みの「smile」が収録されており、「radio silence」と共に、甘美なお口直しとなっている。

長々と語ってしまったが、つまり云いたいことは、このCDは傑作だということだ。僕自身、他のどのアーティストの、どの作品よりも好きなCDと云っても過言ではない。
他の作品はこの際脇に放って置いても(問題発言か)、是非この世界に飛び込んで欲しい。
そして、もしその時が来るのであれば、よく晴れた夜に、バーボンを片隅に置いて聴いて欲しいものだ。

吉井和哉 日本武道館ライブ2007

十月二四日に日本武道館で行われた吉井和哉のライブに行って参りました。
日頃、クラシックのコンサートには行くものの、ロックのライブに行くことは初めて――これも単衣に「吉井和哉だから」との思いから足を運ぶことになりました。
そこで今回はそのライブについて報告しようと思います。


闇夜に輝く車のライトに目をしばたたかせ、向かうは日本武道館。厳しい門を潜り抜けると、意外と小さなそれが姿を現した。
既に周囲は初詣の如く、夜空に白い吐息をたなびかせた人が群れをなしていた。
中に入ると、ステージが囲うように薄膜に覆われていることに気が付く。

定時になっても始まらず、緊張感が辺りを包み始めた頃、その膜に映像が映し出され、introductionから曲は始まった。

その薄膜とライトを使った斬新な演出と、サイケデリックな音楽で、一気に場は盛り上がった。
吉井和哉は白いジャケットに身を包み、「これぞロックスター」と思わせるパフォーマンスを見せながら、最新アルバムの楽曲を中心に、Yoshii Lovinson名義の曲、oasisとRolling Stonesのカウ゛ァー曲、そしてThe Yellow Monkeyの「聖なる海とサンシャイン」「Love Communication」を歌い上げた。
トークで魅せる妙味も含め、途切れることのない全力投球で歌ったアンコールまで、大満足の2時間だ。


そして今回は予期せぬハプニングが起こった。ステージ脇のバルコニー席だった私たちのもとへ、曲の途中でロードを歩き出した吉井和哉が向かってくると、客席に手を伸ばし、握手してくれたのだ!しかも一緒に行った友人は手にキスまでしてもらった!

考えてみれば、私は十年来の吉井和哉ファンだ。そしてこの夜の思い出により新たな思いを胸に刻みつけた――もうこうなったら、死ぬまで吉井和哉ファンを貫こう!
元より実力は折り紙つき。そして今回、CDで聴くよりもライブで聴く方が何倍も楽しませてくれる、彼のそのプロフェッショナルぶりに惚れたのだ!



読み返してみると、この報告では彼の音楽についての記載が非常に少ないように思われます。
しかしこれもライブでの興奮の余韻の為せる技です。吉井和哉なる人物の魅力が僅かばかりにでも伝わって戴ければ、と思います。
因みにこのライブの模様はwowowで後日放送するらしいです。私を捜すなどと云う盲動に出るなどと云うことは決してないと思うが、あくまで吉井和哉に興味を持たれた方は御覧下さい!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

晋撰堂

Author:晋撰堂
晋撰堂は京極夏彦の京極堂シリーズにかぶれていた頃に命名。
自分の名前にも由来していますが、文化的娯楽作品から気が向いたものを取り上げてレビューを書いていこうと思います。たまに雑記と称して日々の雑念も放出します。
ただ問題は、ほとんど更新をしないということ。休眠状態を常としている現状ですが、もっと気軽に書けるよう努力してみようかと思ったのも、本日の気の迷いかもしれないです……

コメント、リンク等も何卒御気軽に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。