FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フィッシュストーリー」 (2009年/日本)

本日は束の間の秋休みといったところでしょうか。
時折、空っ風が吹き荒ぶものの、屋内で柔らかな日差しだけ浴びてぬくぬくしている者としては、あまり関係ありません。突き抜けるような青空だけが心地よいですね。

さて、早速ですが、先日のつづきを綴ります。
と、その前に、そういえば前回の記述は10月――そして今日は既に11月。ということは、意図せず2ヶ月連続の更新ということになりますね!
書いていて何ですが、酷く矮小な悦びです(反省)。

それでは気を取り直して本題に戻りましょう。

もう一方の『フィッシュストーリー』について。簡潔に云うなれば、こちらも程よく痛快な作品でなかなか悪くない。
1975年、早熟に過ぎて鳴かず飛ばずのパンクバンド“逆鱗”のメンバー4人(伊藤敦史、高良健吾、渋川清彦、大川内利充)は、解散前最後のレコーディングに挑んでいた。孤高の彼らの音楽は誰かの胸に響くのか――そんな疑問をよそに、彼らが願いを込めたその曲は、ときを超え、世界を救うこととなる。
地球の滅亡まで数時間に迫った2012年、営業を続ける一軒のレコード店から“逆鱗”のあの一曲、「FISH STORY」が流れ始め......


バタフライ・エフェクト的な物語展開をみせる本作の物語はその題名に忠実で、観賞後に軽く笑って「ないない」と云える後味の良い作品である。
似た状況を描いた小説は数多くあれど、例えば最近で云うと三浦しをんの『むかしのはなし』があった。こちらも題名に仕掛けがあるのだが、それは今回無視して話を進める。ここでは極々簡単に云うと、火星移住という人類生存の具体的手段があったため、様々な立場に置かれた人々の心情はより複雑である。スポットライトを当てられた登場人物の心情は丁寧に描かれ、重い。
そう、だからエンターテイメント映画にはならないのだ。
他方、本作ではこの心情描写を極端に薄めたことが、本作の試みは有効せしまたひとつの要因だろう。

ただし演出には大きな問題がある。心情描写を控えた分、その他の造形は深めたいところ。
しかし各時代背景を上手く描ききれていないのだ。どの時代も均質的なのだ。服装や食事といった道具だけではコントの域を出ない。時代特有の雰囲気が上手く出せれば物語にもっと厚みが出たことだろう。
しかしなんといっても劇中パンクバンド「逆鱗」のボーカル(吾郎)を演じた高良健吾のハスキーヴォイスは見事だった。もう現実に「逆鱗」として活躍して欲しいぐらい。
(ちなみに以下の映像を参照。youtubeより→「フィッシュストーリー」by逆鱗)
そして演技面では、いつもながら飄々と演じた大森南朋が唯一現実味がある人物像を形成できていた。

それにしても地球滅亡の危機が回避された瞬間とはどんなものだったんでしょうか。「助かった!」歓喜の雄叫びを上げた次の瞬間には、それまでに重ねた非日常的経験が想定外の「これから」の人間関係にどう影響するかを考えると気まずい。とても気まずい。いっせーのせっ、でリセットできれば良いのだが、まず無理でしょう。
誰か「その後」のむしろより醜い世界を映画化する人はいないのでしょうか。まぁ、映画になっても観たくないけど(笑)
スポンサーサイト

「重力ピエロ」 (2009年/日本)

先日、日課を放棄して映画館に向かいました。
かねてから贔屓にしている早稲田松竹へ。
ここでは選び抜かれた旧作(わりと新しいものも上映する)を格安料金二本立てで、しかも良質な座席でゆったりと見られるすばらしい映画館です。
個人的には高校生のときから慣れ親しんだ界隈にあり、これもふと気軽に足を運んでしまう理由かもしれません。
JR線と西武線という雰囲気の異なった路線が走り、駅からは絶えず人を吐き出しています。その吐き出された人々がお洒落なカフェから無機質なオフィス、かしましい居酒屋にいたる様々なビルが乱立する街中へと消え、或いはそこから現れ、また駅に飲み込まれていくのを眺めているのは実に楽しいことです。
ただ、その日は上映時間も迫っていたので、悠長に構えてはいられません。
二本鑑賞するには、それなりの気合が必要ですよね。

さて、今回は伊坂幸太郎特集。
小説を映画化すると大抵の場合、小説ファンの反感と多くの鑑賞者失望を買う。しかし伊坂幸太郎作品の映画は稀にもその難から逃れているように感じる(少なくとも今までのところ)。

今回観た二本の内、『重力ピエロ』は以前本を読んでいたが、『フィッシュ・ストーリー』は未読。それでも両者ともに楽しんで鑑賞することができる作品であった。

まずは前者『重力ピエロ』――。
ストーリーは遺伝子を研究する大学生の泉水(加瀬亮)と、壁の落書き消しを営む春(岡田将生)という「兄弟」を軸として進んでいく。
二人の住む街で発生した連続放火事件を調べ始めた春は泉水を巻き込み、事件の真相に迫っていくが、その過程で「家族の秘密」が深く関わっていることがわかっていき......

この物語の大きなテーマは、正義とは何かである。後者とも繋がるこのテーマは作中でも云われるように、孔子の昔から論じられてきた、云わば人類の永遠のテーマである。したがって個人が一概に答えを出すことは到底なしえない。むしろ、私的報復の妥当可能性について、或いは心正しき者は罪を犯した親を親だからして庇うのか、親子の情をないものとして断罪するのかといった命題を、社会的正義と個人的正義感とを相互にすり合わせ、各々がその人生の中で常に自問することに意味があるのだろう。

ちょっと横道にそれたが、それでは映画の出来は、というと、十分楽しめる作品だった。
ぼーっとした印象を纏いながらも突如として大胆な行動をとる兄を雰囲気そのままに演じた加瀬亮や、生理的嫌悪すら催させる渡部篤郎の悪役ぶりは唯一リアルな存在感があるなど、配役・演技はなかなか満足できるものだった。

ただ、兄を社会人ではなく大学生としたことにより行動の現実味が薄れ、弟との親密感の所以は(逆説的だが)異父兄弟という特殊事情にあったという作用の微弱化をもたらしてしまった。また兄の一人称で語られるため、弟の苦悩を描ききれなかったということも指摘できよう。

しかしそもそもエンターテイメント映画に仕上げる目的であったのだろうから、これはこれで良かったのだろう。

――今日は疲れたので、ここまで。二本目についてはいずれ。

「TOKYO!」 (2008年/日・仏・韓)

このブログの開店休業状態も久しく、もはや更新を諦めたか失念したか、或いは主は逐電したか考えもされなくなったことだろう。
しかしそんな頃にフラッと更新されるのもこのブログの常と云えなくもないだろう。しかも時はお盆の頃。大抵の方々は漸く訪れた茹だるような夏日の下、レジャーとやらに勤しむか、私のように部屋でじっと(私の場合は“ずっと”だが…)身体を休めているものだろう。

しかし私は先頃、発起して丸ノ内まで足を運ぶ機会を得た。
商業施設はどこも人で賑わっていたが、一歩オフィス街に入ると打って変わって静寂に包まれている。それはいつもとは異なった東京の顔だった。

と云うことで、今回は新規な視点から望む「東京」とは――がテーマだ(前振りが長いな、と思われていた方々は御安心を。以下からは本編です)。

この映画は米・仏・韓を各々代表する映画監督が「東京」をテーマに撮ったオムニバス形式の作品だ。

トップバッターはミシェル・ゴンドリー。これまで「エターナル・サンシャイン」「恋愛睡眠のすすめ」「僕らのミライへ逆回転」等のファンタジックな作品を手掛けてきた監督だ。本作でもその例に洩れずファンタジーを描いたが、非常に現実的で少し恐ろしげだ。
主人公はインディーズ系映画監督を気取る青年(加瀬亮)の彼女(藤谷文子)。上京して友達の家に二人で滞在しているが、早く出ていって欲しいと思っている友達からの圧力と義務感から物件を探したり彼氏の映画用機材を運んだりと忙しい毎日を過ごしている。しかし自分自身は何かを成し遂げている訳ではない、という強い劣等感から彼女の身体は次第に…

まるで「ピノキオ」の寓話の逆だ。何か成し遂げたことの反照からでしか自分を定立できないと思い込んでいる現代人。自らの機能や役割だけが自分だと思う。まるで人間から物になることを望んでいるようだ。
しかしこの寓話の舞台として、東京は(そこに住んでいる者だから感じることなのかもしれないが)現実感を帯び、憂鬱だ。

二番手として登場するはレオス・カラックス。「ポンヌフの恋人」で絶賛を受け「ポーラX」等不安定で難解だが見応えのある作品を送り出していたものの、ここ9年間新作の発表はなく本作が復帰作となった。
「メルド」すなわち「糞」を意味するこの作品は、もはやそれ自体が偏見と見紛うほどの皮肉なものだ。
突如として下水道から這い出てきた“怪人”が“常人”には理解できない狼藉を働き、果ては地下深くに眠る旧日本軍の弾薬で“罪のない人々”を殺傷しだし…

という破天荒なストーリーながら、歴史・罪・特異等の様々なものを隠蔽する性質、異物を排斥する性質、社会現象化したがる性質、無議論的性質といった「日本」を痛烈に批判していると云えよう。まさに「臭いものには蓋をする」日本の内奥を垣間見るのは、パロディとして笑えるほど気楽にはなれないものがある。

トリを飾るのは韓国の実力派監督ポン・ジュノ。「殺人の追憶」や「グエムル」で高い評価を得ているが、私個人は彼の作品を鑑賞する機会に巡り会わなかったため今回は非常に楽しみであった。
そう遠くない未来、10年来引きこもりとして生活していた男(香川照之)がピザの宅配に来た女の子(蒼井優)に一目惚れをして外界へと踏み出していく、というストーリー。

結論から云えば、この話が一番“しっくり”くるものだ。暇があれば引きこもって一人自室で趣味に没頭する性質の私自身にとって身に積まされる思いがしたということもあるが、なにより仮想であれ未来であれ日本の普遍的(あるいはそうであって欲しい)部分が上手く捉えられていたからだろう。
木材や畳の香り、じめっとした陽の当たらない廊下、うっそうとした緑、眩しい日差しの中で霞む坂道――これは同じアジア人の感覚でなければ描けなかっただろう。
日本の夏。久しぶりに暑さに負けず、外を歩いてみたくなった。


「叫」 (2006年/日本)

久しぶりに書こうと思い立ったものがホラー映画と云うのも、なんだか陰々滅々としていて甚だ決まりが悪く感じてしまうが、まぁ仕方がない。
なにせ殺伐とした毎日を過ごしているのだから。

さて、早速本題に入ろうと思う。この映画は『LOFT』や『アカルイミライ』で有名な黒沢清監督作品で、もちろんこれまでのように観念的に複雑な作品世界がホラー要素と溶け合って構築されている。あえて違いを指摘するならば、そこに今回はミステリー要素が加わっているが、そこは作品世界に破綻をきたさないためにも理論的な謎解きといったものではなく、蓄積されていく謎のうえに解釈が成り立っていくというものなので、むしろ変に意識しなくても良いだろう。
むしろ鑑賞後にこの映画に拒絶反応を起こしてしまう人の多くは、そこに理論的な展開を求めてしまったことが原因なのだろう。

あるベテラン刑事が、遭遇した事件の身元不明女性の死体について捜査するうちに、葬り去った自らの過去が無意識理に現実とシンクロしていき......

そう、この映画はサスペンスとミステリーが溶け合っているところがミソなのだ。つまり両者はカチッと各々のピースが噛み合わさったような調和を構成しているのではなく、あくまでバラバラの小要素が渾然一体と絡み合い、混ざり合って、一種のカオス状態の様を呈しているのである。そして鑑賞者としての私たちがそこに何らかの絵柄を読み取るものなのだと思われる。
そしてこのカオスとしての状態こそが、生と死の狭間で彷徨う日本の霊の概念と合致し、更に云えば和製ホラーの特色、すなわちショッキング描写の連続ではなく、人間の妄念とでも云うべきものの視覚化を通して恐怖をじわじわと神経を侵食させていくという特色を上手く理解しているといえる。
全ての個々人(日本人)の根底部分に共通するであろう霊への恐怖感を通して、確信犯的に混迷する社会を映し出しており、ゆえに「理不尽」と評されることはむしろ「我が意を得たり」といったところなのだ。

しかし最後に繰り返される「私は死にました。だから皆さんも死んでください。」という叫びは、唯々くどく、興ざめな感も否めないのが甚く残念だった。

映画監督・市川崑

誠に残念です。
2008年2月13日午前1時55分、監督市川昆氏が肺炎のため東京都内の病院でお亡くなりになりました。
僕はまだ浅学にして市川作品に触れた機会は数えるほどしかないけれども、横溝正史の金田一シリーズを映画化した旧五作品に限るならば大ファンだった。
現代的な感覚に染まりきってしまっては中々理解することのできない金田一シリーズのムラ社会的世界観を見事に映像として焼き映している傑作だ。閉塞的な人間関係。「読みすぎる」ために凍てついた空気。ぶちまけることができずに堆積していく怨念。そしてそんなことに構うことなく奔放な美しさを見せる自然風景――。もちろんこれは作風に合わせて重苦しい印象を強調しているだけなのだけれども、この世界観を創り出すことが如何に難しいことか。共時的に虚構でしかないことを自覚した真実性の投影と映画を意味づけるならば、まさにそれを理解している数少ない映画を市川監督幾つも世に送り出してきたのだ。
それ故に演出における芸術表現にも一流の拘りが見られる。カラーと白黒を巧みに使い分け、時には(当時は新感覚であった)アニメや人形劇を取り込み、ジャズを音楽として使う。また画面を複数に割って多数の人の表情を同時的に追ったり、同じ瞬間を様々な角度から撮りそれをフラッシュのようにつなげていったり、映像の中心となる被写体をぼやかした障害物越しに映したり、と計算された工夫が随所にあり楽しませてくれる。
またどの登場人物も非常に魅力的に描かれている。だからこそ日本映画界を代表する大御所俳優たちがこぞって出演したのも分かる。
数多く作られた金田一映画のなかでも市川作品に横溝正史本人が出演しているのもこれらの理由によるものではないかと思う。
『悪魔の手毬唄』が最高傑作との呼び声が高いが、僕は『獄門島』や『犬神家の一族』も捨てがたく思う。『女王蜂』や『病院坂の首縊りの家』、そして新作の『八つ墓村』と『犬神家の一族』も含め、是非鑑賞してみることを御薦めしたい。
これからきっとどこかで市川昆特集が組まれることと思う。そのときには市川監督の他作品を僕も心して鑑賞しようと思う(余談ではあるが市川昆が関係した最後の映画はもしかしたら三谷幸喜監督の「ザ・マジックアワー(仮)」(6月以降公開予定)かもしれない。市川ファンとしても三谷ファンとしても観なくては......)。

以下簡単な市川監督のプロフィールを紹介する。
東宝のアニメーターとして出発した市川昆は1945年に人形劇『娘道成寺』デビュー。その後精力的に映画を製作・発表していき、1955年に『ビルマの竪琴』で一躍名監督の仲間入りを果たした。さらに文芸映画を中心に『鍵』、『野火』、『炎上』、『破戒』、『黒い十人の女』、『日本橋』、『ぼんち』、『私は二歳』、『雪之丞変化』など名作を毎年のように発表して地位を確立した。
やがて映画産業の斜陽をもたらすことになるテレビの隆盛が始まり、映画関係者の中にはテレビに敵対意識を持つ者が多いなか、崑は逆に新メディアの可能性に注目してこの分野に積極的に進出。フィルム撮りのテレビ映画やCMにはじまり、ビデオ撮りのドラマから実験期のハイビジョンカメラを使ったドラマ、さらには生放送ドラマまでを手がけ、テレビ史においても先駆的な役割を果た。1972年に監督・監修を手がけた連続テレビ時代劇「木枯し紋次郎シリーズ」はその斬新さから今日では伝説的な作品となっている。
1965年には総監督として製作した『東京オリンピック』が一大センセーションを起す。崑はオリンピックは筋書きのない壮大なドラマに他ならないとして、開会式から閉会式に至るまでの緻密な脚本を和田夏十(妻にして長年の仕事としてのパートナーでもある)・谷川俊太郎・白坂依志夫とともに書き上げ、これをもとにこのドキュメンタリー映画を撮りあげた。しかも冒頭に競技施設建設のため旧来の姿を失ってゆく東京の様子を持ってきたり、一つのシーンを数多くのカメラでさまざまなアングルから撮影したり、望遠鏡のような2000ミリ望遠レンズを使って選手の胸の鼓動や額ににじむ汗を捉えたり、競技者とともに観戦者を、勝者とともに敗者を、歓喜とともに絶望を描いたりするなど、従来の「記録映画」とは全く性質の異なる極めて芸術性の高い作品に仕上げた。一部から「記録性に欠ける」との批判を受けたことから「『東京オリンピック』は記録映画か芸術作品か」という大論争を呼び起こすことになったが、これは紛れもなく傑作というに値するものだろう。
1970年代は横溝正史の「金田一耕助シリーズ」を手掛け、絢爛豪華な映像美と快テンポの語り口で全作が大ヒットとなった。さらに『細雪』、『おはん』、『鹿鳴館』などの文芸大作、海外ミステリを翻案した『幸福』、『四十七人の刺客』『どら平太』などの娯楽時代劇など、多彩な領域で成果を収める。90歳を越えた2006年には30年ぶりに金田一耕助シリーズのひとつ『犬神家の一族』をリメイクするなど、晩年に至ってもなおその旺盛な製作意欲は衰えることはなかった。
(wikipediaより一部省略・修正)

ご冥福をお祈りします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

晋撰堂

Author:晋撰堂
晋撰堂は京極夏彦の京極堂シリーズにかぶれていた頃に命名。
自分の名前にも由来していますが、文化的娯楽作品から気が向いたものを取り上げてレビューを書いていこうと思います。たまに雑記と称して日々の雑念も放出します。
ただ問題は、ほとんど更新をしないということ。休眠状態を常としている現状ですが、もっと気軽に書けるよう努力してみようかと思ったのも、本日の気の迷いかもしれないです……

コメント、リンク等も何卒御気軽に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。